ご挨拶

    人生100年時代と言われる昨今、私は50歳を過ぎて転職という大きな決断をしました。転職を決断した理由の一つに地元岡山に根を下ろしたい、地元岡山で何かやりたいという強い思いでした。ただ、強い思いはあっても、やりたい何かの答えは簡単には見つかりません。

 

   再就職の就活もなかなか進まずモヤモヤしている中、精神的にもこれではダメだと体力づくりを兼ねてジョギングを始めました。私の住んでいる場所は岡山市北西部の田舎町で、倉敷市、総社市に隣接した風光明媚な地域です。この一帯は吉備路とも呼ばれ、自転車道等、安全かつ整備されたジョギングコースが多くあり、そのコース上には備中国分寺、造山古墳、吉備津神社等の県内有数の観光スポットが点在しています。私はモヤモヤを振り払うかのようにジョギングにはまり、毎日のように吉備路一帯を走り続けました。そして走っているうちにふと気づいたのです…モヤモヤした心が徐々に晴れていることに…そしていつしか気持ちが前に向けていることに。

 

 私が前向きになれたのは単にジョギングをしたからという理由だけではなく、このジョギングコースの地元吉備路にあると確信しています。吉備路一帯は平坦で走りやすく、のどかな田園風景がゆっくりと流れ、遠くを見渡せば鬼ノ城等の山々に囲まれリラックスとストレス解消が図れます、と同時に気持ちが前向きになる湧き上がるようなパワーを感じることが何度かありました。

 

 この一帯は古代吉備王国の中心であったと思わせる巨大古墳群があり、桃太郎伝説のもとになったと言われる神社、史跡が多く点在しています。そしてこう考えました「王国や伝説の舞台となった地域には、その舞台となるだけの理由が何かある」と。その何かが私を前向きにさせてくれたパワーの源だと勝手に解釈し、その何かの答えを探すためにこのホームページ「アップデート吉備路」を開設させていただきました。

 

 前置きが長くなりましたが、私は「アップデート吉備路」を通じ、地元の人間だからこそ知る通な吉備路の魅力を発信し、少しでも多くの方に知っていただきたいと思っています。そして、何年か先この吉備路で地域ビジネスとして展開できるよう未来への種まきをしていきたいと考えています。