<ご報告>吉備路発の物語「こふん王国の物語」を制作・リリースしました!

■オリジナル作品「こふん王国の物語」を制作

 

皆様にご報告があります。我々アップデート吉備路は、この度オリジナル作品「こふん王国の物語」を制作いたしました。

 

この「こふん王国の物語」は日本遺産にも登録されている岡山県吉備路の桃太郎伝説をモチーフにした架空の国「こふん王国」を舞台にした物語で、シリーズ第一弾として「こふん王国の桃伝説はモモ◯◯◯へづく!?」を電子書籍としてリリースしました。

 

■制作意図

 

なぜこのような作品を制作したかについて簡単にご説明させていただきます。

 

吉備路は日本遺産に登録された観光スポットが数多く点在し、観光地としてのポテンシャルは高いものがありますが、一方で世界遺産のような全年齢層に響くようなインパクトはなく、全国的な認知度もまだまだ低いと個人的に感じています。

 

吉備路が持っている歴史的価値は、特に若年層からファミリー層へのアピールが課題と我々は捉えていて、その解決策として吉備路の持つ歴史的価値をエンタメ化してみたらどうかとの思いに至りました。

 

 

■歴史的価値のエンタメ化

 

エンタメ化の方法はいくつかありますが、我々のような実績のない零細が課題とする若年層、ファミリー層へアプローチをするには、吉備路を象徴するキャラクターを新たに作り、そしてそのキャラクターが活躍する物語を作るのが効果的且つ近道で、今後の二次展開を図るにも有効ではないかと考えました。(※この辺りの考えは芸人でありマルチに活躍されている西野亮廣さんのオンラインサロンでのお話を参考にさせていただきました。)

 

 

 

■素人が作るオリジナル作品

 

ただし、地元を舞台にした物語を作るのは実際のところ簡単なものではなく、悪戦苦闘の連続。

 

出来た作品について我々は満足していても、その内容を評価するのはお客様。厳しい評価が下されるのではと怯えながらも、地元観光に少しでも貢献したいとの一心で作品を完成させました。

 

作品の内容、絵本を作成するまでの過程、悪戦苦闘ぶりについては、また次回以降にお話しさせていただきたいと思います。

 

 

■今後の展開

 

今回リリースした「こふん王国の物語」は今後シリーズ化を考えていて、今回は絵本形式でしたが、さらにマンガ化、小説化も検討しています。

 

この吉備路発の物語が一人でも多くの方に届き、吉備路に興味を持っていただくことができればありがたいです。